カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
沖縄人の魂・泡盛は黒麹を使用して作る世界でも類のないお酒です。その黒麹を石鹸に使用しました。お肌つるつる。スパイシーな香り。
琉球Spirits no:MS-RYS
710円(税込781円)
購入数

MS-RYS
琉球Spirits no:MS-RYS
710円(税込781円)


沖縄の魂・泡盛について

泡盛の大きな特徴は次の4点といえます。
1. 原料に米を使用する。
2. 黒麹菌を用いる。
3. 仕込みは1回だけの全麹仕込みである。
4. 単式蒸留機で蒸留する。

麹は、お米や芋などの穀物でお酒をつくるとき、原料を糖化させるために必要です。
日本酒には黄麹、焼酎は主に白麹が使われるのに対し、泡盛造りに使用される麹菌は「黒麹」
泡盛は伝統的に「黒麹菌」を使っているのが大きな特徴です。
そして黒麹菌のみを使って酒造りを行ってきたところは、世界広しといえど、現在分かっているのは沖縄だけなのです。

原料のタイ米を、黒麹を使って米麹にし、それに水と酵母を加えてもろみにし、2週間ほどアルコール発酵させます。
このシンプルな工程は「全麹仕込み」といわれ、泡盛独特のものです。

泡盛には「古酒に育つ」という大きな魅力があることも忘れてはいけません。
ウイスキーやブランデー、ワインなどにもビンテージ物はありますが、泡盛は、大切に管理していけば、100年、200年の古酒に、それも各ご家庭で育てることができるのです。

このようなお酒は、世界でもほとんど例をみません。第二次世界大戦で100年を超える古酒はほとんど失われてしまいましたが、戦後育てられた20年、30年といった古酒でも、その芳醇な味わいと甘い香りは、高く評価されています。
泡盛のオリジナリティーとクオリティーの高さは、世界の名酒のひとつであると胸を張れるものなのです。

※文章抜粋させて頂きました。
〈もっと泡盛を知る、愉しむポータルサイト〉https://okinawa-awamori.or.jp/


MMMでは、沖縄中にある47か所の泡盛酒造所を応援しています!!
その思いを込めて黒麹を使用し石けんを作りました。
黒っぽい色でスパイシーな香りに仕上げています。



 ◇◇◇◇◇

石けんの製造方法について。

丁寧に育てた植物のオイルや粉末をふんだんに配合し「合成化学物質無添加」でつくりました。コールドプロセス(非加熱処理)製法で、ゆっくりと時間をかけ手作りした石けんです。

コールドプロセス製法は、材料に熱を加えず低温で作る為、材料に含まれる良質な成分が壊れにくく石けんに閉じ込めることができます。
石けんのベースとなる植物油脂をはじめ、副材として配合する植物エキス、植物末、天然色素などは熱に弱い成分もあり、高温で加熱するとその天然成分が破壊されてしまうことがありますが、その心配が少ない製法です。

肌の保湿に効果のあるグリセリン分を多くんでいますので、水分を引き寄せやすい性質があり石けんが溶けやすくなります。保管する際には水気をよく切り、風通しのいい場所に置いてください。

  ◇◇◇◇◇◇

■内容量:45g
■箱:(約)タテ57×ヨコ57×高さ17mm

カタログ申し込み番号:MS-RYS


この商品を購入する